織田信信のお悩み相談所

心理カウンセラーのワシがお主の悩みに答えるぞい

お金・ビジネス 心理学

お金に関して頭がいい人に多く見られた子供の頃の【ある】習慣とは?

投稿日:2019年3月24日 更新日:

 

ごきげんよう、織田信信じゃ。(@odanobunobu0623)

いきなりじゃか、お主にクイズじゃ。

 

 

Q:インフレの対にあたる言葉は何じゃ?

 

 

 

分かったかの?

 

 

 

そう、答えはデフレじゃ。

実は心理学実験で、お金に関する知識が豊富な人は、子供の頃にある経験をしている割合が高かったそうじゃ。

答えられたお主は、もしかして経験しているかもしれないぞい?

今回はその研究結果について紹介していくぞい。

 

ロンドン大学の心理学調査

 

ロンドン大学の研究で、以下の内容の調査を行った。

 

【対象】

16歳から18歳の普通教育を受けている男女179人の学生。

 

【内容】

経済・金融知識に関する質問にいくつか答えてもらった。

問題例:

1.金利という言葉について知っていますか?また、どういう意味ですか?
2.APRは何の略ですか?また、どういう意味ですか?
3.インフレという言葉について知っていますか?また、どういう意味ですか?

 

また、お小遣いをもらう頻度を、

a.定期的に
b.かなり頻繁に
c.特別な時に
d.もらっていない

の4段階で答えてもらった。

 

 

【結果】

お小遣いを定期的に貰っている学生は、問題の正答率が高い傾向が見られた

 

お小遣いを定期的に貰うとマネーリテラシーが高くなる!

 

先ほどでの研究結果で、お金を定期的に貰っている学生が、最も正答率が高かったのじゃ。

必要な時に渡したり、お正月にお年玉でドカンとあげたりするより、定期的に与えるのがお金の勉強に一番いいんじゃな。

ちなみに、さっきの問題の全体の正解率と、179人のお小遣い分布は、

 

1.約61%が正解
2.約36%が正解
3.約61%が正解

a.44%(定期的に)
b.12%(かなり頻繁に)
c.16%(特別な時に)
d.26%(もらっていない)
無効.2%

 

となっていたぞい。

この実験のサンプルから、他にも、

中流階級の両親を持つ子供は定期的に小遣いを貰う傾向が高く、労働者階級の両親を持つ女子は少ない頻度に小遣いを貰う傾向が見られた。

 

親の職種や子供の性別でも、お小遣いの量が変わってくるんじゃな。

 

本日のまとめ

 

小さい頃に定期的にお小遣いを貰っていた人は、お金の知識が高くなるというのはお驚きじゃったな。

でも確かに、手持ちのお金でどうやりくりしようか、必死に考えるものな。(ワシは使う時に貰う制度じゃったぞい…)

 

今お主に子供がおるなら、お小遣いを月額制にしてみてはどうじゃろうか?

お主の子供が、お金の情報強者になれるかもしれんぞい。

 

おすすめの本

 

あなたへのおすすめ

織田信信

戦国心理カウンセラー。お悩みはコメント欄やお問い合わせへ。 twitterもやっているのでリプ、質問箱でも大丈夫じゃ。ぜひフォローよろしくなのじゃ。

-お金・ビジネス, 心理学

Copyright© 織田信信のお悩み相談所 , 2020 All Rights Reserved.