織田信信のお悩み相談所

心理カウンセラーのワシがお主の悩みに答えるぞい

メンタル・マインド 心理学 恋愛・人間関係

【ミラーニューロン効果】友達は選んだ方がいい心理学的理由とは?

投稿日:2019年3月30日 更新日:

 

ごきげんよう、織田信信じゃ。(@odanobunobu0623)

お主、こんな言葉は聞いたことがないかの?

 

 

「付き合う友達は選ぶべきだ」

 

 

確かに、友達同士だと良くも悪くも、似てきてしまいそうじゃよな。

でも、そんな事は本当に起こるのじゃろうか?

科学的に説明していくぞい。

 

ミラーニューロン効果に関する実験

 

イタリアのパルマ大学に勤務する、神経生理学者ジャコモ・リゾゾラッティの研究で以下の事が分かった。

 

【対象】

サル、ヒト

 

【内容】

サルを対象に、手で物をつかむ、ピーナッツの殻を手で剥くといった動作を見せた時の、ニューロン活動を単一細胞記録で調べた。

人を対象に、動作を見せた時、見せない時の、運動野の電気刺激による手の筋肉からの運動伝達誘位を調べた。

 

 

【結果】

サルはニューロンの活性化がみられ、ヒトは運動伝達誘位の増加が見られた。故に、動作を観察することと、実際に動かす際の脳の働きは関連すると考えられる。後にこれはミラーニューロン効果と呼ばれるようになった。

 

 

人の行動は伝染する

 

先ほどの実験結果から、人間は相手の行動を見ると、自分も同じ動作をしているように錯覚する性質があるのじゃ。

 

例えばお主、映画は見るかの?その時に、

 

・映画に出てくるヒーローを見て、自分も強くなったように錯覚した

・映画に出てくるセレブ俳優を見て、自分もサングラスをかけてみた

・映画に出てくる魔法をみて、自分も魔法の杖を買ってしまった

 

そう、これもミラーニューロン効果の一種なのじゃ。

相手の行動を見る事で、自分も同じ世界に入ってしまったように感じてしまうのじゃ。

 

今の例は映画じゃが、友達となると、もっと強力じゃ。

なぜなら、合う頻度が多い分、相手の行動を目にする回数も必然的に増えてくるから。

相手がダラダラしていると、自分もゆっくりしようと思いこみ、相手がテキパキしていると、自分も頑張ろうと感化される。

 

「最近〇〇(友達)に似てきたね」

 

なんて言われてしまうのは、相手と長い時間付き合っている間に、相手の行動を見て、コピーして蓄積されていっている証拠じゃ。

 

このような心理学的理由から、友達は選んだ方がいいという理論は正しいといえるのじゃ。

 

おわりに

 

もし自分がやる気を出したい、無気力を脱したいと思うのなら、ミラーニューロン効果を活用してみてはどうじゃろうか?

身の回りの、やる気に満ち溢れた、バイタリティーの高い人の側に常にいるようにしてみよう。

ミラーニューロン効果で、お主にもきっとやる気が湧いてくるはずじゃ。

 

周りにそんな人がいないよ…なんてお主も大丈夫じゃ。

そんな時は、自分の尊敬する人の本や写真、言葉を常に視界に入れておくだけでも変わってくるぞい。

その人に関する物を見て、その人の行動を脳内で再生できればOKじゃ。

 

今の自分を変えたいのなら、友達環境を変えてみるという事も視野にいれておこう。

 

今回の記事でミラーニューロンについて興味を持ったお主のために、『ミラーニューロン効果に関するカウンセラーおすすめの心理学の本3冊』を書いたぞい。ぜひ読んでみて欲しいのじゃ。

 

あなたへのおすすめ

織田信信

戦国心理カウンセラー。お悩みはコメント欄やお問い合わせへ。 twitterもやっているのでリプ、質問箱でも大丈夫じゃ。ぜひフォローよろしくなのじゃ。

-メンタル・マインド, 心理学, 恋愛・人間関係

Copyright© 織田信信のお悩み相談所 , 2020 All Rights Reserved.